クラウドソーシングで稼ぐ

【クラウドワークス】クラウドソーシングで月に20万稼ぐ方法【ランサーズ】

クラウドソーシングで20万稼ぐ方法

「子どもがまだ小さいけれど離婚してシングルになった」

「子どもが不登校で、以前のように外でバリバリ働くことが出来なくなった」

というのは全部私のことなのですが…

 

そんな方におすすめの働きかたが、ランサーズクラウドワークス
で、フリーライターとして稼ぐという働き方。

ランサーズって何??という方

フリーライターといえば雑誌の記者みたいなイメージしかない、という方

 

最近は『クラウドソーシング』という便利な仕組みのおかげで、会社に所属していなくても、自分で仕事を獲得してお金を稼ぐことが出来るようになりました。

私が実際にランサーズの仕事で助けられた経験談を交えつつ…

クラウドソーシングの仕組み、仕事のやり方をお伝えします。

この記事ではランサーズを紹介していますが、同じように在宅で仕事を受注できるクラウドワークスについても知っておいて損あありません。

クラウドワークスでシングルマザーがしっかり稼ぐ完全マニュアル

 

この記事でわかること

クラウドソーシング『ランサーズ』でシンママが20万円稼ぐ方法

ランサーズとは

クラウドソーシングと呼ばれるしくみがあります。

クラウドソーシングの仕組み

2005年に提唱されたクラウドソーシング。仕事を依頼したい企業(または個人)と、仕事をしたい個人をマッチングさせる仕組みです。

私たち働く側からすると、時間や場所に縛られず働けることがメリットです。このメリットは、育児中の人にとっては凄くありがたいものですよね。

ランサーズの特徴

  • 特別なスキルが無くても出来る仕事がある
  • 徐々にスキルアップすると出来る仕事が増えていく(収入も増える)
  • エスクロー(仮入金)されてから仕事に取り組めば未払いされない
  • 案件が非常に多い
  • ランサーもクライアントも多くサイト内は活発
  • パソコンがないと作業はやりにくい
  • 請求作業や仲介はランサーズがしてくれるので仕事に集中できる
  • 認定ランサーになると案件を取りやすくなる

他にもクラウドソーシングサービスはたくさんありますが、私は主にランサーズで仕事を受注しているのでこのページではランサーズをご紹介します。

ランサーズを通して受ける仕事であれば、未払いは起きないようなシステムになっています。

エスクローという仕組みで、クライアントからの仮入金があるとお知らせされるのでそれを確認してから仕事に着手することになっています。私たちに着金するのは、仕事を納品してプロジェクトが完了したときです。

認定ランサー制度

『認定ランサー』というのはランサーの信頼度をはかる目安のようなもので、『認定ランサー』になると仕事を受ける際に有利になります。

クライアントによっては、認定ランサーかどうかを重視してランサーを選ぶときもあります。※私は現在はランサーですが、過去にクライアントとして利用したこともあります!

条件はこんな感じ

1. 獲得報酬額            : 各カテゴリの上位20%
2. クライアントからの評価      : 4.8以上
3. プロジェクト完了率        : 90%以上
4. 送信したメッセージの24時間以内率   : 80%以上
5. プロフィール項目の記入                   : 9項目

このうち、「メッセージ24時間以内率」というのは少しわかりにくいのですが、「クライアントからのメールに対しての返信が、24時間以内である率」です。

24時間以内に返信した件数 / 返信した件数

となっています。ネット上で契約も支払いも完結する仕事だからこそ、スムーズでないやり取りは相手を不安にさせてしまいます。

副業ワーカーにはつらいかもですが…速やかな返信をこころがけましょう。スキルがないうちは特に、大事です。

必要なものはパソコンとネット環境

パソコンがないと仕事はできません。

ネット環境も必須です。

加えて、データ入力やライティングの仕事をするならWord、Excelが入っていたほうが良いです。納品形式は仕事によって異なります。Word形式じゃない場合もあります。

でも、Wordが使えると出来る仕事はぐっと増えます。

タスク・プロジェクト・コンペ

仕事の進め方がいくつかあります。

タスク

タスク方式では、一つの仕事に対して複数人のランサーが同時に作業を行います。

初心者の方はまずはこの方式で慣れていくことがおすすめ。

入力やレビュー記事作成など簡単なものが多いです。テンプレートにそって入力し、クライアントに承認されると報酬が得られる仕組みです。

コンペ

名前の通りコンペティション形式で、依頼に対して同時に複数のランサーが提案し、クライアントが一番良いと思った提案を買い取る方式です。

ロゴや、ネーミング募集などに多い方式です。

プロジェクト

プロジェクト方式は、まずクライアントが依頼内容を公開し、ランサーからの見積もり(提案)を募ります。私たちランサーは、価格や納期、自己アピールなどを含めて提案します。

クライアントが仕事をお願いしたいランサーを決めたら、正式にプロジェクト開始となります。プロジェクト方式では支払管理・ファイル管理・計画管理・メッセージ機能と全部ランサーズのサイト内で完結することが出来ます。

納期まで長い時間がかかるものも、プロジェクト開始時点でエスクローがあるので、安心して仕事に取り組むことが出来ます。

登録からお仕事を始めるまで

実際にランサーズに登録してから仕事をして収入を得るまでの流れを説明します。

プロフィールの編集

上で解説した『認定ランサー』になる条件でもあるのでプロフィールはなるべく詳細に書きましょう。プロフィールが充実していると、案件を受けやすくなります!

スキルを登録したり、初めのころは「何も出来ない…」状態かもしれませんが、データ入力やアンケートなど可能な仕事もあるはずです。未入力より、何かしら入力しておいたほうが良いので、なるべくプロフは充実させておきましょう。

各種確認申請

相手に安心してもらうためにいくつかの申請項目があります。全部通しておくのがおすすめ。

本人確認

プロフィールに入力した情報が正しいか、本人確認書類を送信して確認してもらいます。撮影した写真を送付で完了することが出来ます。

ランサーズチェック

ランサーズサイト上で10の質問に答えるだけで完了することができます。

主に、ランサーズの規約や個人事業主として仕事を受ける際の決まりを理解しているか、などです。

機密保持確認

本人確認を済ませると、機密保持確認のチェックを受けることが出来ます。

電話確認

プロフィールに記載された番号が本人のものかどうかの確認。自動音声で確認はすぐ済むのでやっておいたほうが良いです。電話確認済のランサーしか提案できない案件なども出てきます。

電話番号が公開されるわけではないので安心。信頼度向上に役立つのでしておきましょう。

 

「初心者」から「Webライター」へのステップアップの流れ

スキルや経験がなくても出来る仕事がいくつかあります。まずはそこから始めてみることをおすすめします。

ランサーズサイト内でのやり取りに慣れたり、収入を得る仕組みを理解するためにもまずは実際に仕事をしてみましょう!

データ入力系

与えられたデータを指定の形式に入力していくだけの、単純な仕事です。

特別な知識が必要ないので、育児中の主婦にも人気の副業となっています。ランサーズ内で検索するとたくさん見つけることができますよ。

簡単な仕事ですが正確さが大切です。正確に、納期を守って納品することで、クライアントからの信頼とランサーズ内での実績を積んでいきましょう。

クライアントとのやり取りのコツもわかるようになります。

丁寧な対応を心掛けてランサーとしての評価をコツコツ積み上げていくと、今後本格的な活動をする際に役立ちます。

体験談や簡単な記事作成

体験談の作成は文字数も1000文字に満たない案件が多く負担が少ないので、ライティングに慣れるためにも数をこなしていきましょう。自分の体験をつづるだけなら、簡単です。

クライアントのルールを守って納期に提出するだけ!自分の文章に自信がないなら、ライティングスキルが学べる本を読んで勉強することも大切。

体験談の作成や「初心者歓迎」と書かれているような簡単な記事作成に役立つ、初心者向けのライティング教科書はこちらがおすすめです。私がはじめに読んだライティングの教科書です。

『ナタリー』という巨大ニュースサイトの初代編集長がまとめた教科書。文章の組み立て方、言葉使いやライティングの基本ルールなども、一通り学ぶことができます。

未経験でこれからライターとして仕事をしていきたいなら、必ず読んでおいたほうが良い一冊。

これを読んでおくと、今文章を書くことに苦手意識がある人も今後ライターとしてやっていけそうな自信がわく。

でもここからが大切なことなのですが、

自信がわくだけでは収入にはつながらないので、読んだら実際に案件に取り組んで文章を書いていくことが何より重要です

あとはこの本もおすすめです。とても役に立ちました。頭の中を整理したいとき今でも読み返す本です。

この2冊をきちんと読んで頭に入れておけば(その通りに文章を書く練習を積むことも大事!)しっかり組み立てられた文章がかけるはずです。

 

文字数1000文字程度の簡単な記事作成で、仕事をする感覚になれていきましょう。最低でも1日1記事書く習慣をつけます。1000文字程度の文章であれば1日3~4本はいけます。本数をこなすこと、提出してしっかり読まれた上でOKが出されること。この繰り返しで、やればやるほど文章力が上がります。

夜静かになった時間に私は毎日4時間ほどパソコンに向かっていました。そのあとそれが収入につながるんだ!と思えば誰でも出来る!!

 

ちなみにこの段階での報酬は、体験談が300~400円程度、簡単な記事作成でも500円程度の案件が多いです。小遣い稼ぎ程度にはなるかも…。でも主たる収入源とはなりません。

この先に進まなければ月収20万円は到底見込めません。この後どう動くかで収入が変わってきます。

文字単価0.8円以上の記事作成

このあたりから3000文字、5000文字程度の案件にせっせと提案していきます。

「提案」しなければはじまりません。

提案時の文章も、クライアントの印象を左右します。だから丁寧な対応と基本的な文章の書き方スキルの習得は大事。

採用前に「テストライティング」という選考がある場合が多く、まずはそのテストをパスする必要があります。ルールや納期を守って作成しましょう。その際の参考書はさきほど紹介した本でOK。

読んでコツを知った上で書く、その文章を読んでもらって評価をいただく。その繰り返しでスキルを磨いていきます。

 

クライアントが求める質の良い文章を納品できると、「継続依頼」といってその後の仕事につながる可能性もあります。常に、高品質な記事を納品すること、丁寧な誠実な対応をすること、24時間以内のレスポンスを心掛けて信頼を積み重ねていきます。

 

5000文字程度の記事作成となると、指定されたタイトルについてリサーチする必要が出てきます。そのため、「ブログ記事作成」などになるとリサーチ力も必要です。

検索能力を高めるために、毎日色々なワードを検索して目的の答えにたどり着く練習をつみましょう。

私は…Webライターの仕事をするようになってから、気になるワードは即検索して知識にしちゃう癖がつきました。

特定のジャンルに強いのももちろん売りになります。でも、あらゆるジャンルの言葉を知っているとライティングには有利です。

 

文字単価1円の記事作成

このあたりから、「副業としてWebライターをしてます」と言えそうな感じ。

ブログ記事の作成などの案件が多いです。特定のジャンルに詳しい人を募る場合も多いですね。

5000文字の記事作成案件で5000円の報酬はシングルマザーにとって、なかなか良い仕事だと思いませんか?

生活費の足しどころか、主たる収入源にするために、最低でも文字単価1円の案件をこなすようにならなければいけません。

一か月20本納品で10万円。これはリアルに届く数字なのです。

パートをひとつ増やしてあと10万稼ぐより、現実的な数字だと私は思います。私は出来ました。だからこれを読んでいるあなたにもできるはず。

 

仕事量としてはリアルにどのような感じかと言うと…

5000文字程度でタイトル「〇〇〇〇」についてまとめるという案件だとしたら、それについてのリサーチに1~2時間はかかるかもしれません。

元々詳しいジャンルの記事作成だとその時間が短縮されるので、詳しいジャンルが多い人は有利。

日ごろから読み物を多くし、色々な知識を得ておくと役立ちます。

記事作成の仕事は「オリジナル記事」であることが条件の場合がほとんどなので、検索して他サイトの文章をパクる、とかはできません。自分でオリジナルでゼロから書かないといけません。

 

「記事作成」と言っても、検索して色々な情報を頭にいれて、それを整理するのに一番時間がかかるはず。それは慣れが必要で、経験を積むしかありません。

知らないことを調べて書くよりも、知っていることを頭の中から引き出しながら足りないところを検索して補うのが効率的です。

 

頭の中が整理されたら文字を打つことはそれほど時間はかからないはず。(ここまでコツコツ下積みしてきた人なら!)

『見出し』が指定されている場合は別ですが、すべてオリジナルで構成しなければならない場合は、大見出し、小見出しから書き出して、頭の中の整理をスムーズに行えるよう訓練しましょう!それが出来ればあとはスラスラ文章を打つだけです。

5000文字案件なら副業ライターなら確実に1日で仕上げたいところ。慣れるとスピードも上がっていきます。

 

こういった案件はほとんど「プロジェクト方式」となります。進行の仕方を確認してクライアントにこまめなレスポンスも忘れずに。

対応の好印象が仕事継続につながります。

納品されるものの質が同じならやっぱり感じの良い人と仕事したいですよね。

 

クライアント側からすると、提案時のメッセージが定型文だったり、対応が雑だったりすると印象が悪いですよね。

しかし意外とこの手のランサーが多いと聞きます。

丁寧なやり取りをすることが大切です。

言葉を仕事にするのだから、丁寧な正しい言葉使いで提案を送ったり、返信を返しましょう。

 

文章を作成しあ納品後、手直しが必要な場合もありますので、指示に従ってプロジェクトを完成させましょう。

SEOライティング

SEOとは「検索エンジン最適化」のことです。

SEOライティングとは、例えば「手湿疹」「市販薬」「おすすめ」というキーワードで検索されたときに上位表示されるように、意図的に狙った記事を書くことです。

クライアントがこの検索キーワードでお願い、と言ったらそのキーワードで検索したときにあなたが書いた文章がGoogle検索結果の1ページ目に上がる…というのがクライアントの狙いです。

 

SEOライティングが出来る人は重宝されます。特別な知識が必要なので、誰にでも出来ることではないからです。

出来るようになり、プロフィールに『SEOライティングならお任せください!』と書けるようになれば、さらに稼げるようになりますよ。

 

本業でWebライターとしてやっていくなら必須の知識かと思います。ただ内容の濃い文章を書けばいいかというとそうではなくて、専門的な知識が必要です。

SEOライティングを学びたいと思った人の9割以上がおそらく読んでいる本がこれです。私はWebライターはみんな読んでると思っています。

わかりやすくてスラスラ読めるのに、ボリュームたっぷり必要な知識が身に付きます。SEOというのは時代により変化し続けるものなのですが、基本的な概念はこの一冊でおさえることができます。あれこれ読むよりこの一冊という感じの本です。

ちょっと読んでみようかな、と思う人はWebでも読めるのでこちらから読んでみてくださいね。SEOってこういうことなんだ、というのがわかります。

沈黙のWebライティング

一冊持っておくと安心、の教科書的存在。

SEOの細かいルールは年々アップデートされますので、もちろん常に勉強が必要です。

まとめ

ライターとして稼ぐために会社員である必要がない時代です。

今活躍しているフリーライターの方々もはじめは初心者だったはずですよね。

今日から始めるか、一年後から始めるか…

一年間でどれだけスキルアップできるかなどを考えたら何事も動くのは早いほうがいい!が私の考えです♩

一年後後悔しないために、シンママ生活をちょっとでもゆとりあるものにするために、出来ることからはじめましょう!

 

※2020年4月追記

知人の紹介で知り合ったサイト運営者の方が、クラウドワークスでワーカーを募集していたため、現在はクラウドワークスメインに移動しました。

現在はランサーズ1:クラウドワークス9くらいですが、どちらも仕事のやり方は変わりません!

クラウドワークスについてはこちらで詳しく解説しています↓

クラウドワークスでライティング・完全マニュアル
クラウドワークスでシングルマザーがしっかり稼ぐ完全マニュアル

              新型コロナウイルスが猛威をふるっています。 テレワーク・在宅勤務等、自宅でできる仕事は自宅でするように ...

続きを見る

 

 

 

  • この記事を書いた人

shiromi

2人の男の子を育てるシングル。 お金に余裕のある暮らしをするために空き時間は全て副業に集中。そのすべてを伝えます。 離婚、シングルマザーの育児の悩み解決や、お金に困らない自分の人生を手に入れる方法を伝えていきたい!!私もまだまだ勉強中です。悩めるシングルマザーの方たちと並走していきたい。お金のゆとり=精神的なゆとり。お金を稼ぐ方法をメインに伝えます。

-クラウドソーシングで稼ぐ
-,

Copyright© 賢く生きる!シングルマザー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.