シングルマザーを助ける制度

シングルマザーが助かる「医療費助成」

医療費助成制度

私たちシングルマザーを対象とした医療費助成の制度について解説していきます。

子どもを育てていると何かと病院にかかることが多いものです。所得制限に引っかからなければ元々子どもの医療費はほとんどの自治体で中学生まで無料だったりするものですが、シングルマザー(ひとり親家庭)向けの医療費助成制度では、子どもの親、つまり私たちの医療費も自己負担額が無料になります。

とてもありがたい制度です。

 

ひとり親家庭等医療費助成福祉医療証

ひとり親家庭には医療費自己負担額が無料になる医療証が交付されます。もちろん交付申請をしなければなりません。

離婚してひとりで子どもを育てている、未婚の母、自身が重度の障害を持っており子どもを育てている場合などが対象となります。

生活保護の受給者は対象にはなりません。

申請の仕方・必要なもの

市役所、区役所等の申請窓口にて、必要な書類を用意して申請します。

  • ひとり親家庭等医療費助成福祉医療証交付申請書
  • ひとり親家庭認定調書
  • ひとり親家庭等医療費助成扶養親族に関する申立書
  • 全部事項証明の戸籍謄本
  • 印鑑
  • 対象者の健康保険証のコピー
  • 前々年分の税証明書
  • 医療費助成における個人番号利用に関する同意書
  • 申請者のマイナンバー確認書類
  • 身分証明書

以上が必要な持ち物です。

上記のうち、ひとり親家庭等認定調書については、「児童扶養手当」を申請している場合には必要ありません。

 

参考児童扶養手当についてはこちら

児童扶養手当
シングルマザーが受け取れる手当「児童扶養手当」

シングルマザーが受け取ることの出来る手当がいくつかありますが、その中でも「児童扶養手当」についてここでは説明していきたいと思います。

続きを見る

 

医療費は節約できますがそれ以上に健康管理を!

シングルマザーにとって医療費の節約はとてもありがたいことです。

しかし、病院代がかからないからと言って頻繁に病院に通うようなことにならないようにシングルマザーならなおさら、自分の健康管理については気を付けなくてはいけませんね。

お母さんが倒れるようなことになっては子どもを育てていくことが出来なくなってしまいます。

日ごろからきちんと食事と睡眠をとり、もちろんお子さんと一緒に食事の時間を楽しめればより最高ですね♪なるべく病院のお世話になりすぎないよう、健康管理を大切にしていってほしいと思います。

 

 

  • この記事を書いた人

shiromi

2人の男の子を育てるシングル。 お金に余裕のある暮らしをするために空き時間は全て副業に集中。そのすべてを伝えます。 離婚、シングルマザーの育児の悩み解決や、お金に困らない自分の人生を手に入れる方法を伝えていきたい!!私もまだまだ勉強中です。悩めるシングルマザーの方たちと並走していきたい。お金のゆとり=精神的なゆとり。お金を稼ぐ方法をメインに伝えます。

-シングルマザーを助ける制度
-

Copyright© 賢く生きる!シングルマザー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.